2014年05月16日

2014体育大会とTKUの日

先週の母の日は息子の体育大会でした。

天気が心配されましたが、当日は快晴!
息子の体育大会を快晴で観覧するのは久々かも!?

開会式の30分ほど前に学校に到着して、テントのある観覧席2列目に着席したのですが、1列目の方たちは6時台には来られていたとか。
…すごいな。
昨年までは、前日からテープに名前を書いたものをイスに貼って場所取りをされている方が多かったとか。
それがあまりにも酷かったこともあり、今年から物だけを置いての場所取りは禁止となったとのこと。
これが普通よね?大いに賛成です!

さて、競技開始。
部活動生は係りの仕事もあるので、息子もなんだか忙しそう。
まずは午前の部で、学年のクラス対抗リレーに出場しました。
午前中に各学年の予選を経て、各学年の上位3クラスは午後の決勝に進出とのことで、息子のクラスも出場決定!

午後からの決勝では、上級生の速さに圧倒されました。
息子がバトンを渡すまでは3位だったのですが、徐々に差がついて1〜3位までが3年生、4〜6位までが2年生、7〜9位までが1年生と綺麗に学年ごとに順位が分かれていました。

一番の注目は午前の部クライマックスの『マスゲーム』。
例年ものすごい観客だそうで、ふと気が付けば後方には人、人、人…
3000〜4000人の観客というのは本当なのね〜と感心です。

まだ1年生のうちは『大技』がないのですが、2年、3年と進むとこれでもかっ!というほど技を披露してくれます。
時間も長い。
なんでも、昨年の12月から練習が始まっているとのことなので、いやぁ〜大したものです。

入場してくるときから皆の目は真剣そのもの。
まぁ、中途半端なことをすれば大怪我につながりますからね。
それでいて『やらされている感』ではなく、自主的に『やっている感』がヒシヒシと伝わってきます。
一つ一つの技が決まると、グループで肩を叩き合ったり、ハイタッチしたり。
お互いを褒めあったり、励ましあっている姿がとても印象的でした。
女子のダンスも誰一人ダラダラしている子が見られず、皆が楽しそうに踊ってくれました。

テント内で観覧すると、ものすごくアップなので、見える範囲がピンポイントになってしまったのが残念だったのですが、全体の様子は今後販売されるDVDで観たいと思います。

そして競技の一番最後、団対抗リレーでも走った息子。
高校生活初の体育大会を終えて、疲労困憊でも少しハイテンションな様子でした。

ところでこの日、動植物園ではあの『TKUの日』が開催されていました。
昨年に悔いを残した友人が予選を突破して会場にいたのですが、残念ながら午後の決勝に進むことはできませんでした。
全体的にレベルの高い選手権で、敷居が高くなっちゃったように感じました。

今年はテラスハウスの『てっちゃん』もゲストで来てたし、ひと目お会いしたかったーーー。
でも、あと2年は体育大会と重なるのでTKUの日に足を運ぶことはできないかなぁ。


ただ、昨年一緒にステージに立った『なべちゃん』が今年予選敗退だったのに、決勝の審査員席に座っていて、ビックリ!!

ダンナが「ママが出てたら、同じ扱いだったに違いない!」と、体育大会ではなくTKUの日を優先させれば良かったのに〜的な発言をするし、現地でもなべちゃんと話をした友人が「あの方は…」と私の事を尋ねられたとのこと。

なんか、妙な御縁を感じる今日この頃です。
posted by しげなな at 11:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。