2012年04月29日

決断の時

息子がバスケ部辞めました。

新年度が始まり、部活動申込の日を迎えるまではフリーエージェント状態なので、部活動申込書を提出するギリギリまで、顧問の先生と部員の皆からの説得は続きました。
顧問の先生からは最後まで「選抜に行かせたかった」「今まで一緒に頑張ってきた仲間のことを考えろ」
…と、話をされたそう。

担任の先生からは「水泳部入部を応援するとは言ったけど、バスケ部の顧問の先生がここまで強く説得されると、板挟みになってしまうね…申し訳ない…」と謝られるし、だいぶ息子も追い込まれていました。

でも、息子の気持ちはブレることはなく、申込書に『水泳部』と記入して提出。

水泳部に申し込みした日の放課後、バスケ部のミーティングに顔を出してくれと先輩に呼ばれたそうです。
ほとんどの子が「戻ってこれないか」と引き止める中、先輩の1人が「お前の人生だからな…好きなようにやっても良いんじゃないか」と言ってくれて、部員の皆もなんとか納得してくれたみたい。

最後の挨拶をすると、同級生の一番仲の良い子が泣きだしてしまったそう。
息子にとってはそれが一番辛かったらしく、帰宅後、トイレからこっそり電話していました。
「ゴメン。これからも友達だから…」みたいなことを伝えたのかな?
目を真っ赤にしてトイレから出てきた息子を見た時には、私も泣けましたよ。

息子に「どう?吹っ切れた?」と聞いたところ、
学校で、色んな人から「なんでバスケ部、辞めたと?もったいない…」「水泳部に入ると?」と声をかけられるので、それが落ち着いたら吹っ切れるかな〜なんて言ってました。

「まるで、スーパースターだね!」と冷やかすと、フンと鼻で笑っていたので、少しは吹っ切れてきたのかも。

さぁ、息子の『水泳部編』。
これからどんな展開になるか、乞うご期待!



posted by しげなな at 23:47| Comment(4) | TrackBack(0) | バスケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
結果が出てよかったですね。
読んでるだけで泣けてきました。
青春やね〜(^^)v
水泳編楽しみにしています。
Posted by ろみひ at 2012年05月01日 12:50
>>ろみひさん
息子の気持ちは早くに固まっていたのですが、たくさんの人に迷惑をかけてしまうのが辛かったようです。
私からも、せめて先輩のためにも中体連までやれないか…と説得したかったのですが、十分に苦しんでいるようだったのであえて静観していました。
ホント、青春してますよ。
Posted by しげなな at 2012年05月02日 00:15
正直言って、ちょっと残念・・・。
だけど、「ぶれない気持ち」をもっての水泳部への転入!!
きっと、新しい何かが待ってますよ!!
水泳部でも頑張れ!!
応援してますよ!! 
Posted by こーちゃん at 2012年05月02日 23:37
>>こーちゃん
そうだよね〜私も残念です。
そちらの顧問の『ノグリン』もきっと残念がるよなぁ…。
またいつか、こーちゃんみたいに楽しんでバスケができるようになったら良いなと思っています。
元々、ノグリンに水泳部から引きぬかれたので、古巣に戻ったって感じです。



Posted by しげなな at 2012年05月03日 01:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。