2014年03月10日

あれから3年

東日本大震災から3年。

震災の年に始まった娘の高校生活と息子の中学校生活も無事終了。
先週、先々週とそれぞれの卒業式がありました。

娘のクラスメートは、ほとんどが県外へ進学しまうので、寂しさも一入です。

式のあと、教室へ戻ってくると、一人一人が先生や保護者、クラスメートへの感謝の気持ちを涙ながらに語ってくれました。

内容はというと…
4月はクラスの皆が探り探りの様子でなかなか馴染めなかったけど、色んな行事を通して、クラスがまとまってきたこと。
ひとあし先に早慶に推薦で決まったムードメーカー的存在の子達が、センター当日に会場の門で、クラスのお揃いTシャツを着て、お菓子を手渡しながら励ましてくれて嬉しかったこと。
生死をさまよう大怪我をしたクラスの子が奇跡の生還をしたこと。
お父さん、尊敬してます!お母さん、部屋の中を勝手に漁るの本当にやめて!!
東京へ来る時は連絡してくれ!東京に居るメンバーで連絡取り合って最高の『おもてなし』をするから!!
・・・と様々。

自由な校風で育まれた生徒たちは、ホントに個性豊か。
娘にとっても高校生活はかけがえのない財産になったと思います。

一方息子は、式後の教室で感極まったのか、まさかの号泣。
友達に「一緒に写真撮るぞーーー︎」と肩を組まれながらも号泣。
担任の先生と熱い抱擁を交わす間も号泣。
泣きながら「いいクラスだった…」と別れを惜しんでいました。

さて、今現在まだ子供達の進路は決定していません。
明日が公立高校の合格発表。
そして娘は後期試験。
間違いなく激動の春です。

もうしばらく頑張らねばっ!


posted by しげなな at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。