2014年04月18日

水落オープン

久々の更新につき、文章が少々長いのですがお許しを…

娘が福岡へ行き、息子の高校生活もはじまり、我が家の新生活はとっくにスタートしているのですが、そんな新生活が始まる前にちょっとした事件がありまして…

今年の桜満開の頃の事です。

娘と息子がそれぞれ高校、中学へと進学した3年前の春に、真新しい制服を着て水前寺公園で記念撮影をしたのですが、今年も桜が散ってしまう前に同様の場所で記念撮影をしよう!ということになりました。
娘はスーツ、息子は高校の制服を着て、いざ水前寺公園へ。

平日のこの日は初夏を思わせる陽気で、外国からの観光客の方もちらほら。
桜も満開で、絶好の撮影日和です。
3年前に撮影した画像を見ながら、ココ!!って場所でパチリ。
一緒に連れてきた写真が趣味の母も、ものすごい勢いでシャッター切っています。

少し前に『さまぁ〜ず』が水前寺公園を訪れていたのをテレビで観ていたので、テレビで紹介されていた同じ販売所で鯉の餌を買い、次の撮影ポイントへ移動中、橋の上から餌をあげました。

…が、その時!!事件がおこったのです。

娘が「あの遠くにいるカモに食べてもらいたーい」などと言いながら大きく振りかぶり、渾身の力で餌を投げた瞬間、上着のポケットから勢いよくスマホが飛び出したのです。
一回、橋桁でバウンドしたかと思ったら、そのまま数メートル下の池へダイブ。
(こんな時、画像がスローモーションのように見えるものですよね…)

私の悲鳴というか叫び声が、水前寺公園一体に響き渡ったのは言うまでもなく。
iPhoneがーーー!○万円がーーー!新生活のライフラインなのにーーー!
なんて考えが脳裏を過ったりもして。

橋の上から見下ろすと、水前寺公園の池の水は今も澄んでいて、沈んでいるスマホがハッキリ見えます。
こうしちゃいられない!
こんな時、息子がジャブジャブ池に入ってくれるところですが、何せ今日は新品の制服着てるし、私しかいないってことで、靴や靴下を脱ぎ、いざ行かん!

私、背、低いですからね…膝くらいまでは余裕で水位があったりして。
沈んでるスマホ目掛けて手を伸ばすと肘上くらいまではずぶ濡れですよ。
私の雄叫びを聞いて注目していた辺りの観光客が「Oh〜!」って感じで観ていたかどうか定かではありませんが、人目なんて気にしていられない、ずぶ濡れになりながらスマホ救出しました。
「とったどーーー」って感じに。

思い起こせば私自身が小学生の頃。
夏休みのラジオ体操によく通った水前寺公園。
当時はジャブジャブと池に入って遊んでいたものです。
20数年前の結納の時にも訪れたけど、大人になってから池に入るなんて…
…思いもしなかった。

その様子を橋の上から冷静に見ていた息子がダンナにメールをしていたらしく、池から這い上がってきた私に向かって「慌てて電源入れないように…だって」とありがたいアドバイス。
ひたすら水分を拭き取って、イヤホンジャックなど、穴という穴にはティッシュをこよりの様にして水気をとりました。

初夏を思わせるような陽気が幸いして、公園を一周回り終える頃には濡れていた服もそこそこ乾いてくれましたし、気を取り直して、公園を出たところのいきなり団子屋さんで、母がいきなり団子を買ってくれ、皆で食べていると、
「そういえば、R(息子)ちゃんがまだ幼かった頃、鯉に餌やろうして動植物園の池にも落っこちたことあったよね〜。沈む寸前に引き上げたけど、危なかったよね〜」
と話し出す母。

うーん。
我が家は、写真のモデルをする→鯉に餌をやる→水落。
という水難のパターンが多いな。

そうこうして、自宅へ帰りったのだのですが、さらなる事件が!

夕飯の用意をしていると母からの電話。

「お母さん、車に財布忘れてなかった?」

え?なかったと思うけど、もう一回見てくる。
やっぱり、ない。ないよ!

どうも、財布落としちゃったみたいです。

いきなり団子屋か!とお店に電話するも営業は5時まで。
誰もでない。

お店じゃなく、参道付近に落としたのかもしれないので、警察の遺失物も調べてみる。
今やネットで調べられるらしいのですが、ちょうどメンテナンス期間だとかで直接電話するしかなく、管轄の警察署へ電話。

とても親切に調べてくれたけど、今のところ届いていないよう。

財布の中身は5〜6000円程の現金とポイントカードくらいだったので、それほど緊急ではなかったので、翌朝、いきなり団子屋さんの開店するのを待って電話。

女性が電話口に出られて、財布の特徴を告げると「あ〜!ありましたよ〜」だって。
良かったーーー!

オリンピック招致のスピーチをされた滝川クリステルも「日本では財布を落としても、見つかります!」って言われてたを思い出しました。

平和の国、日本、万歳!!
って実感よ。

その頃、所用で学校へ行っていた娘とも携帯が繋がったことを確認。
こちらも、復活できて本当に良かった。

次から次へと事件が勃発した日、テレビではとんねるずの『水落オープン』やってて、この人たちは携帯電話マネージャーに預けてるのかしら…と、思わずにはいられませんでした。

皆様も、落し物には十分お気を付けくださいませ。

posted by しげなな at 15:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それは災難〜〜!池に飛び込む勇気もすごい!母強し!我家の娘っ子のiphoneは再起不能でしたが不幸中の幸い(?)でしたね〜。Rちゃん・・・そこは制服脱いでパンいちで入って欲しかったわ。
この時期は阿蘇に行きたくて仕方ありません。
出たがりの夫はとにかくどこか遠くへ遠くへ行きたがる。。。
Posted by ゆきちゃん at 2014年04月20日 07:54
>>ゆきちゃん
ホント、とんだ災い(T_T)
とにかく一晩電源を入れないでひたすら乾かす!を実行したら蘇りました;^_^A
息子は悲鳴をあげて池へ携帯を取りにいく私の姿を思い出しては笑います(ーー;)

阿蘇、良いね〜!
GWは新車で何処かへお出掛けかしら?
Posted by しげなな at 2014年04月20日 13:07
丁度そんな日にお邪魔して大変だったよね(*_*;
しかし、財布事件は聞いてないから私が帰った後に連絡があったんだね♪
しかし、すべて無事に解決してるからすごいね♪結果オーライだね(^_^)/~
Posted by ろみひ at 2014年04月21日 12:46
>>ろみひさん
あの日はありがとうハート
何だか、お通夜の様な雰囲気だったでしょう…(ーー;)
結果的に携帯も財布も無事だったのですが、心中穏やかではなかったのです( ;´Д`)
失礼いたしました。
頂いた品は大変重宝している様ですよ〜(≧∇≦)
Posted by しげなな at 2014年04月21日 21:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。