2014年04月28日

娘の大学入学式

4月1日に娘と荷物を福岡へ送り届け、一時帰熊しまして、翌日は会社の採用試験監督、さらに翌々日は息子の校納金納入…と諸々の仕事を片付けた後、再度福岡へ。

娘からアレ持ってきてコレ持ってきて〜ってメールに応えて荷物をまとめたのですが、ものすごい量。
今回は私一人での移動なので高速バスで行ったのですが、運転手さんに荷物をトランクルームへ入れるのを手伝ってもらう程の大荷物でした。

それらを抱え何とか博多駅着。
JRへの乗り換えの際は丁度帰宅ラッシュにかかり、スーツ姿のサラリーマンが多かった〜。

荷物が邪魔にならないよう、隅っこでひたすら立ちっぱなし。
東京OL時代(!?)の山手線が懐かしく思い出されました。

そんなこんなのプチ旅行気分で娘の住む近隣駅に到着。
たしかコンビニ弁当か何かを適当に食べて、早々に就寝したかな。

翌朝、4月4日が大学の入学式。
娘は友達と早々に出て行ってしまったので、私は時間をおいて1人で大学内の入学式会場へ向かいました。
長〜い坂をのぼり、式の10分ほど前に到着したのですが、保護者が着席できないほどたくさんいてビックリ。(もともと席の用意が少なかったのかな…)
すると、案内の方から職員席の空いている所に案内されまして、緊張しつつも着席。
娘がどこにいるかなんてサッパリわからなかったけれど、式の様子はかぶりつきで観ることができました(笑)

壇上での話は全て手話通訳の方が通訳されているし、スクリーンには音声同時字幕が映し出されていました。
そういった専門の科もあるので、なるほどなぁ〜と感心。

最後にお祝いにと学生管弦楽団の演奏と混声合唱による大地讃頌がありました。
これまで子供達の合唱で何度も聴いてきた大地讃頌とは別格。
とても素晴らしい演奏でした。(これもかぶりつきで鑑賞)

その後、一旦娘の部屋に戻って、午後からの保護者会はどうしたものか…と二の足を踏んでいたのですが、せっかくなのでと再びあの長〜い坂を上り出席。

前会長から新会長、役員の方々がほとんど『先生』と名のつく方ばかり。
いやぁ、場違いとはこの事。
我が子を教職に就けるために保護者が出来る事︎を熱く語られるのを、ただただジッと聞いていました。

うーん。
娘、この大学で良かったのか?と今更ながら不安になったり…

そんな保護者会にどっと疲れ、部屋に戻ると約束していた時間にベッドが届きました。

娘は一向に帰る気配ないし、孤軍奮闘しながら組み立てまして、やれば出来るもんだ!と自画自賛の出来栄え。

また少し居心地の良い空間になったかな。

その後、連日遅くまで学校に行ってて留守がちな娘の代わりに、荷物を受け取ったりしなきゃならなかったので、数日お留守番をすることに。

週末、ダンナが車に残りの荷物を積んで迎えに来てくれる事になっていたので3日間ほど居座ったのですが「ママいつまでいるの?」と言い出す娘(ーー;)

まったく失礼よねっ!

でも、親の心配をよそに夢中になれる事がたくさんあるみたい。
楽しそうな様子に頼もしくもあり、少し寂しくもありって感じです。

しばらく私自身も一人暮らしの懐かしい思い出に浸らせてもらい、娘を残し帰熊しました。

B54CBE26-E49E-4413-B358-00468E9D8EEB.jpg
これは引っ越した日の近所の公園で。

娘の一人暮らしは始まったばかり。
一体どんな経験をするんでしょうね。


posted by しげなな at 13:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんかAちゃん一人暮らし問題ないみたいだね(^^)v
お母さんも大変だったねー。
しばらくゆっくりしてください。
五月病というくらいだからどっと疲れがでるかもよ♪
睡眠とってくださいね!(^^)!
Posted by ろみひ at 2014年05月01日 12:41
>>ろみひさん
ゆっくりしたいところですが、立つ鳥跡を濁しまくり…
ウチの片付けに追われてます( ;´Д`)
そうこうしているうちに、GW後半の週末は熊本に戻って来るそう。
まだまだ慌ただしい日々は続きます…>_<…
Posted by しげなな at 2014年05月02日 00:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。