2008年05月24日

鳥よ〜鳥よ〜鳥の〜歌♪

先日「カラスとすずめ」の保護事件の話を書いたのですが、その後も不幸な野鳥のヒナ鳥達に遭遇します。(なんで!?)

一昨日は小学校の給食室横で、しかも、3羽。
1羽はもう時間の問題って感じで、1羽は何とか持ち応えそう。もう1羽は残念ながら死んでいました。
ムクドリのヒナのようでした。

またもや、鳥獣保護センター!?
と思ったのですが、この日は知り合いにSOS。
数分後に現れた彼女は手馴れた感じでヒョイヒョイと3羽を拾い上げ、自宅へと帰っていきました。すごい…。

結局、元気そうに見えた1羽も足が折れていたようで、止まり木にも止まれない状態だったそう。
その後、鳥獣保護センターへ連れて行ったとのこと。

行ったところ、小学校の先生も鳥を保護していらしたそう。
多いのね〜不幸な鳥達。

今日も息子の話ではヒナ鳥を拾った子供がいたんだって。

でもね、私は心配よ…
「鳥インフルエンザ」。




posted by しげなな at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97721832
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。