2010年07月25日

熱闘!学童五輪

言っても仕方ないのですが…今日も暑かった。

そんな中、今日はバスケの学童五輪へ。
会場は宇城市小川町の河江小学校でした。

わが校のオンボロ体育館と違い、とても立派な体育館でした。

試合前から息子曰く「予選リーグは絶対勝てる!問題は来週だ!」だそうで、どこからその自信はくるの???って感じ。
自信満々の息子に水をさすようなことは言いませんでしたが、子供のやることですから、どこでどんなドンデン返しがあるやら、内心ドキドキでした。

さてさて、試合の内容ですが、1試合目は相変わらずの立ち上がりの悪さが目立ちます。(嫌な予感的中…って感じ)
結局、低調のままではありましたが37−28で辛くも勝利。
最後の3分間の長いこと長いこと…早く終わってくれ〜って、心底思いましたよ。

2試合目も相変わらず、パッとしない試合運び。
1クォータなんか同点だし。
息子の口をギューってやって「どの口が勝てるって言ったんだぁ!?」っと言ってやりたくなる衝動をグッと堪えて、後半へ。

後半になり、ようやく調子が上がってきました。
だいぶ差が開いたところで、大黒柱的な存在の子が足の痛みを訴えて引っ込んでしまうというアクシデント。
それでも、ノッてる時は強い!
54−16で快勝です。

うちはシードの為、明日の試合はありません。
来週の土曜日、トーナメントの第1戦です。
ベスト8をかけて、強豪チームとの対戦になりそうです。

今日の感じだと、ダメダメです。
あと1週間、気合入れて頑張って欲しいものです。
posted by しげなな at 00:20| Comment(4) | TrackBack(0) | バスケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

繋がってる

昨日、突き指をした息子のために、テーピングを買いに近所のバスケット専門店へ行ってきました。

このお店は私が中学、高校と大変お世話になったのですが、ご無沙汰して20数年。
恐る恐る(!?)店内に入ると見覚えのある懐かしい顔…●松さんだ!

すると何も言わないうちから、「あれ?どこの学校だったっけ?」と覚えていてくれました。
風の噂で●松さんのお子さんもバスケットをしていて、ご本人も熱心に指導をされていることは聞いていたのですが、話をするとお子さん2人ともうちと同性で同級生。
先日の夏季大会の予選でも、うちのチームを観に来てくれていたそうです。
「デカイ子が3人いたけど、そのうちの1人か!良いね〜、楽しみだね」っとチームのこともしっかり覚えていてくれました。

バスケの輪って、何年経っても、世代が変わっても繋がっているんだなぁ〜と実感。

繋がっているといえば…
『熊本県バスケットボールサマーフェスティバル2010』と題して、
リンク栃木ブレックス、バンクーバーボルケーノーズ (IBL)を熊本に招いて、バスケットボールのお祭りがありますね!

ツイッターでこの情報を知ったダンナが熊本にプロバスケットボールチームをみんなで創ろう会に連絡をとって、実家のクリーニング屋の店頭にデッカイポスターを貼ってもらいました。
プロバス会の副理事の方が直々にポスターを持ってきてくださったそうです。

ここでもまた、熊本でバスケットボールに熱い思いをもった方が集って頑張っているんだな…と嬉しくなりました。
またバスケットの輪が繋がった♪
posted by しげなな at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | バスケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

市夏季大会決勝トーナメント(最終日)

6年生を連れて、準決勝&決勝を観てきました。

うちの学校は女子が準決勝まで勝ち進んでいたので、一緒に応援してきました。

男女は決勝の会場まで顔を合わせることがないので、
何だか嬉しそう!?負け惜しみか男子からは
「お前らなんか負けちまえ」的な言葉が…。
そんな一幕もありながらも、目的はやはり自分たちの戦った相手がどんな試合をするかです。

子どもたちも真剣に見ています。

準決勝を観た子どもたちの感想は
「昨日勝っていれば、今日の準決勝の相手には絶対勝てたのに…」
だって。
今回の大会で自分たちのバスケットに自信もついてきたようです。

そして決勝。
昨日うちが惜敗した対戦校と植木のチーム。
これは、どちらも凄い!

ゾーン、マンツーマン…相手に応じて変化していくディフェンス。
フォーメーションもしっかりできているし、なんといっても男子はスピードが違う!
ミニバスケットといえども見応え充分です。

ノータイムで決まった最後のシュートは、リングに弾かれたシュートをタップシュートでゴール。
ホントにレベルの高さを感じました。

さぁ、目標が見えてきました。
色んな思いをこれからの練習に生かして頑張れ〜♪

posted by しげなな at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | バスケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

市夏季大会決勝トーナメント

今週は先週の予選トーナメントを勝ち進んだ息子たちの
決勝トーナメントでした。

一回戦は優勝候補ともくされる強豪チームとの対戦です。

序盤はいきなりの先制点と、これまでに経験したことのないほどのディフェンスのプレッシャーにビビっている様子。
あっという間に20点もの点差がついてしまいました。

ところが後半になると、徐々にペースを取り戻し、怒涛の追い上げをみせはじめたのです。
しかし、9点差までつめたところでタイムアップ。
点数は負けてしまいましたが、次へ繋がる確かな手応えを感じた試合でした。

何よりの収穫は悔し涙を流す息子の姿でした。
これまで水泳やドッジボールと何をやってもそこそこの成績を収めてきた息子が、初めて感じた『悔しさ』。
これからさらに上を目指すためにも良い経験になったことと思います。

顧問の先生も「頂上が見えた」と意欲満々。
23日から始まる学童五輪へ向けてさっそく練習試合の日程が決まったようです。

明日は決勝を自分たちの目で見てほしいとの先生の要望で、6年生の5人を乗せて行ってきま〜す!






posted by しげなな at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

タオル好き!?

今週末も息子のバスケの練習試合。
午後からだったのですが、気温湿度ともに超高です。

昨年の今頃は水の中だった息子にとって、初めての『夏バスケ』。
アップが終わると何だかフラフラ。
周囲からも「熱中症なんじゃ???」と心配されるくらい。
試合が始まってからも顔色が悪いし、動きもこれまでになく悪い。

「丘に上がってまだ間もないから、肺呼吸が上手く出来ないのかな〜」なんて冗談を言ってはいたものの、母としてはちょっと心配。

おしぼりや氷で体を冷やしながら、2試合をこなしたところで、ダンナが息子の忘れていた『タオル』を持ってきてくれました。

すると、なんということでしょう。
メキメキ元気になって、3試合目の後半は復活!
逆転勝利までしたのです。

帰りの車中で、息子に今日はどうして調子が悪かったのか聞いたところ、
自分でもよく分からないけど、アップが終わる頃から体に力が入らなくて息もできなかった…でも『タオル』が届いてから、妙に安心して調子が良くなった!
とのこと。

た、タオル!…なの?
たしかに赤ちゃんの頃からタオルを持たせると安心して寝てくれる手の掛からない子だったのですが、こんなところでも『タオル』で復活してくれるとは。

来週は市夏季大会だし来月は学童オリンピック。
大きな大会が始まるのですが、何はさておき、タオルは準備させねば!






posted by しげなな at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | バスケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

5月のバスケットマン

今年から水泳部からバスケット部に転部(?)した息子の母の近況。
つまり、私の近況。

週末ごとの練習試合が5月は1,5,8,9,15,22,29日と入っています。(超過密スケジュールなんですけど…)
車出しはもちろんの事、弁当の手配、会場校になった場合は会場設営など、何かと慌ただしいのです。
入部したての頃は、弁当の手配の係をお願いしますね〜とのことだったので、安くて配達してくれるお弁当屋さんを見つけてはせっせと手配をしていたのですが、何時の間にやら書記にも任命され、総会資料なども作るハメに。
やっぱり、どこにいてもそれなりに忙しいのです。なぜだ…。

そんな母のことはお構いなしに、試合を重ねる度にグングン上達していく息子には目をみはるものがあります。

そんな息子の

basket.JPG

庶民シュート。
苦手だった左からのシュートも克服して、攻撃の幅が広がったようです。

さらに

basket2.JPG

背を活かしてリバウンドでもしっかり活躍しています。
今日の第1クォーターでは完璧なスクリーンアウトをしていて感動してしまいました。

まだまだ課題も沢山あると思うけど、頑張れ〜!


posted by しげなな at 00:22| Comment(6) | TrackBack(0) | バスケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

バスケットマン!?

なんと息子がバスケット部に入りました。

水泳部は夏季だけの活動で、親は楽チン♪
冬場は長縄したり、ドッジボールしたりで、傍から見てると遊んでいるようにしか見えない部活動に本人も楽勝!!なん〜て、のほほんとしていたので、まさに寝耳に水。

なんでも、体育の授業でバスケットをする機会があり、担任の先生に勧められたのがきっかけだそう。

その日のうちにバスケット部の顧問の先生からも、練習に来るように言われ、翌日には練習に参加することに。

練習に初めて参加する日、PTA執行部の作業で小学校へ行ったらば、バスケット部の顧問の先生に「水泳部の顧問の先生には話がついていますから、本人にも挨拶させときます」なんて、展開早すぎ!

その後も水泳部の顧問の先生からは「本人に興味あるようだったら、遠慮しないでバスケットやったら良いですよ」って言われるし、ちょっと、ちょっと〜引き止めるとかは無し!?

何よりびっくりしたのは、入部して1週間で小体連(新人戦)に出場って、どうよ!?ルールも良く分かっていないのに大丈夫か!?

でもね、ハイ↓
DSC_9331st.JPG

何となくサマになってるでしょ?
背が高い方なので、ゴール下でのリバウンドからのシュート!ってのをひたすら練習させられていたらしく、相手からファールされてのフリースローです。
顧問の先生の指導は
『かっこいいバスケットをすべし!』
なので、ボールがリングに届こうが届きまいが、ワンハンドでのカッコいいシュートフォーム。

さて、気になるボールの行方は…。






…この日のシュートはリングをかすっただけでしたが、
2週間後の練習試合では見事、2スローを決めてくれました。
日々進化していく息子が眩しい今日この頃です。
posted by しげなな at 01:06| Comment(2) | TrackBack(0) | バスケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。